シニアプリント利用規約

第1条(はじめに)

このシニアプリント利用規約(以下「本規約」)は、シニアプリント(以下「当方」)が企画・運営するウェブサービス「シニアプリント」(以下「本サービス」)の利用条件を定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約に同意したものとします。

本サービスが有料機能によって提供する有料サービスを利用される場合は、別途定める有料サービスに関する利用規約の定めに従うものとします。

当方は、必要に応じて規約を変更できるものとします。規約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容を当方サイト上での掲示その他の適切な方法により周知し、または利用者に通知するものとし、施行時期経過後は、変更後の本規約等が適用されるものとします。

第2条(ユーザーの定義と登録)

本サービスのユーザーとは、登録ユーザー並びにゲストユーザーの総称です。

登録ユーザーとは、ユーザー登録のためのフォーマットに必要な内容をデータ入力・送信し、当方が承認した個人のことです。

ゲストユーザーとは、閲覧などの、前項に定めるユーザー登録を行わずに利用できるサービスを利用する個人のことです。

当方は、登録ユーザーが、以下の各号のいずれかの事由に該当する場合は、事前に通知または催告することなく、投稿データを削除もしくは当該登録ユーザについて本サービスの利用を一時的に停止し、または登録ユーザとしての登録を抹消、もしくはサービス利用規約を解除することがあります。

また、それによりユーザーまたは第三者が被った損害に関し、当方に故意又は重過失があったときを除き、当方は責任を負いません。

・ユーザー登録内容に虚偽があった場合

・ユーザー登録後に内容変更が生じた際にユーザー自身が登録変更を行わなかった場合

・ユーザー登録をしたにも関わらずユーザーが一定期間本サービスを利用しなかった場合

・ユーザーが本規約に違反した場合

・その他当方が不適切だと判断した場合

当方は、以下の各号のいずれかに該当する場合は、当方の判断によって、ゲストユーザーとしての利用を制限したり、アクセスを遮断することがあります。また、それによりユーザーまたは第三者が被った損害に関し、当方に故意又は重過失があったときを除き、当方は責任を負いません。

・不正アクセスなど違法行為があった場合

・過剰に負荷をかける利用などサービスの運営に支障をきたす場合

・ユーザーが本規約に違反した場合

・その他当方が不適切だと判断した場合

登録ユーザーは、本サービスを利用するためのアカウントを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。

登録ユーザーによるアカウントの管理不十分、使用上の過誤によって生じた損害に関する責任は、当該登録ユーザーが負うものとし、当方に故意又は重過失があったときを除き、当方は責任を負いません。

第3条(ユーザー情報の取り扱い)

当方によるユーザー情報の取り扱いについては、別途当方プライバシーポリシーの定めるものとし、登録ユーザーはこのプライバシーポリシーに従って当方が登録ユーザーの利用者情報を取り扱うことについて同意するものとします。

当方は、登録ユーザーが当方に提供した情報、データ等を、個人を特定できない形の統計的な情報として、当方の裁量で、利用及び公開することができるものとし、登録ユーザーはこれに異議を唱えないものとします。

第4条(ユーザーの責任)

本サービスをユーザーが利用する場合、インターネットにアクセスする必要がありますが、そのためのあらゆる機器、ソフトウェア、通信手段はユーザーご自身が各自の責任と費用において適切に準備、設置、操作していただく必要があります。

当方はユーザーのアクセス環境について一切関与せず、これらの準備、操作に関する責任に関し、当方に故意又は重過失があったときを除き、当方は責任を負いません。

当方より登録ユーザーに対して連絡を行う際には、登録メールアドレスあての電子メールにて連絡を行います。登録ユーザーは当方からの電子メールを受信できるよう登録メールアドレス情報を正しく維持するものとし、何らかの理由で受信ができなくなった場合には、登録ユーザーは速やかに登録メールアドレスの変更を適切に行わなければなりません。

当方からの電子メールが受信できなかったためにユーザーが被った不利益については、ユーザー自身に責任があるものとし、当方に故意又は重過失があったときを除き、当方は責任を負いません。

第5条(当方の財産権)

当方は本サービスに含まれるコンテンツ(テキスト・画像等)に関する一切の著作権(著作権法27条及び28条に規定する権利を含む)、商標権、特許権、その他の知的財産権(それらの権利を取得し、またはそれらの登録等を出願する権利を含む)を保有しており、日本の著作権法および著作権に関する国際法によって保護されています。

ユーザーは本サービスを利用して投稿その他送信するコンテンツ(文章、画像、動画その他のデータを含むがこれに限らない)について、当方に対し、世界的、非独占的、無償、サブライセンス可能かつ譲渡可能な使用、複製、配布、派生著作物の作成、表示及び実行に関する権利および二次的著作物に関する現著作権者の権利(著作権法第27条および第28条に定める権利、商用利用を含む)を許諾したものとします。

ただし、当方は、ユーザーが投稿したコンテンツに対して、ユーザーもしくは当方が設定した公開範囲を超える形ではこれを使用しません。

またユーザーは、本項に基づく当方による著作物利用について、著作者人格権を行使しないものとします。

ユーザーが本サービスに含まれるコンテンツを利用して利益を得た場合、ユーザーに対して当方はその利益相当額の金額を請求できる権利を有するものとします。

本サービスに使用されている全てのソフトウェアは、知的財産権に関する法令等により保護されている財産権及び営業秘密を含んでいます。

当方による事前の書面による承諾を得ることなく、いかなる手段によるものを問わず、複製することを禁じます。

当方による事前の書面による承諾を得ることなく、本サービスのコンテンツを使用した学習教材の作成(動画の埋め込み、レッスンへのリンク、転載、引用の範囲を超えた利用等を含む)、提供、および販売を行うことを禁じます。

第6条(禁止事項)

ユーザーは、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為または該当すると当方が判断する行為をしてはなりません。

・法令に違反する行為、および違法な行為を勧誘または助長する行為

・当方、本サービスの他の利用者またはその他の第三者に対する詐欺または脅迫行為

・当方、本サービスの他の利用者またはその他の第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利または利益を侵害する行為

・本サービスのネットワークまたはシステム等に過度な負荷をかける行為

・本サービスの運営を妨害する恐れのある行為

・当方のネットワークまたはシステム等に不正にアクセスし、または不正なアクセスを試みる行為

・第三者に成りすます行為

・本サービスの他の利用者のアカウントを利用する行為

・当方が事前に許諾しない本サービス上での宣伝、広告、勧誘、または営業行為・本サービスの他の利用者の情報の収集

・当方、本サービスの他の利用者またはその他の第三者に不利益、損害、不快感を与える行為

・本サービス内のコンテンツについて、無断でそのコピー、複製、アップロード、ダウンロード、掲示、伝送、配布等をする行為

・反社会的勢力等への利益供与

・一個人が複数のアカウントを持つ行為

・その他、公序良俗、一般常識に反する行為、あるいは当方が不適切と判断する行為

以上の行為が確認された場合、状況を判断した上で掲載情報の変更、登録削除を含めたしかるべき処置をとります。なお、この処置の結果に関する質問・苦情は一切受け付けておりません。

第7条(免責事項)

当方は、本サービスの内容をなるべく有益で正確なものとするように心がけますが、本サービスの内容により損害が発生したとしても、当方に故意又は重過失があったときを除き、当方は責任を負いません。

当方では、ユーザー同士の通信や活動に関与しません。万一ユーザー同士の衝突があった場合も、悪質行為と判断される場合、もしくは当方に故意又は重過失があったときを除き、それは当事者同士で解決するものとし、当方ではその責任を負わないものとします。

当方は日本国外での本サービスの利用に関連して利用者に発生した損害について、当方に故意又は重過失があったときを除き、責任を負わないものとします。

当方は、以下のいずれかに該当する場合には、予告なしに本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することがあります。

・本サービスに係わるシステムの点検または保守作業を緊急に行う場合

・本サービスの提供に必要なインフラストラクチャー、外部サービスに不具合が発生した場合

・地震、落雷、火災、風水害、停電、天災地変などの不可抗力により本サービスの運営ができなくなった場合

・その他、当方が停止または中断を必要と判断した場合

当方は、本サービスの内容を、予告なしに変更、追加、削除することがあります。

当方は、本サービスを予告なしに終了することがあります。

当方は、本条に基づき当方が行った措置によりユーザーに生じた損害について、当方に故意又は重過失があったときを除き、当方は責任を負いません。

第8条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項またはその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効または執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定および一部が無効または執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。

第9条(準拠法および管轄裁判所)

本規約の準拠法は日本法とします。

本規約または本サービスに起因し、または関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

シニアプリント プレミアム会員サービス利用規約

第1条(はじめに)

シニアプリント プレミアム会員サービス利用規約(以下「本規約」)は、シニアプリント(以下「当方」)が有料で提供するプレミアム会員サービス(以下「本サービス」)の利用条件を定めるものです。本サービスの利用に際しては、本規約に同意したものとします。

当方は、必要に応じて本規約を変更できるものとします。本規約を変更する場合、変更後の本規約の施行時期及び内容を当方サイト上での掲示その他の適切な方法により周知し、または利用者に通知するものとし、施行時期経過後は、変更後の本規約等が適用されるものとします。

第2条(有料登録)

本サービスへの登録を希望する利用者は、シニアプリント利用規約および本規約に同意のされたものとし、当方所定の手続きに従い、本サイトにて有料登録を行っていただきます。

第3条(料金の請求)

本サービスに登録することで、プレミアム会員は当方が規定する月額利用料金をお支払いいただくことになります。

本サービスの提供期間および利用料金は別途定めるとおりとし、お支払いは当方指定の決済手段で行うものします。

プレミアムサービスの提供期間における「1ヶ月」とは、プレミアム会員への登録日より、翌月の登録日同日の前日までとします。ただし、翌月に登録日同日が存在しない場合は、翌月末日の前日までとします。

利用料金は、本サービスへの登録日から30日後より発生いたします。

本サービスは、クレジットカードでのお支払いをご利用の場合、プレミアム会員が有料登録を解約させない限り、自動的に更新されるものとし、プレミアム会員はこれに同意するものとします。

クレジットカードでのお支払いをご利用の場合、本サービスの登録を解約すると、本サービス提供期間最終日の翌日よりプレミアムサービスの機能をご利用いただくことができなくなります。なお、本サービス提供期間最終日の前々日までは当方所定の手続きによって解約の取消しを行うことができます。

当方はプレミアム会員の事前の承諾を得ることなく、本サービスの利用料金を変更する場合があります。ただし、その場合は当方の判断でもって合理的な事前告知期間を設け、当方が定めた方法によってユーザーに通知するものとします。当方のプレミアム会員は変更に同意しない場合、本サービスを解約するものとし、解約せずに継続利用した場合、変更に同意したものとみなします。

当方は、プレミアムサービスに関する領収書は発行いたしません。

第4条(有料登録の解約)

プレミアム会員は当方所定の手続きにより、いつでも本サービスを解約することができます。

登録の解約日が提供期間の途中であっても、日割りによる利用料の割引は行われず、解約日が属する提供期間分の利用料が発生します。

解約を希望される方は、更新日の前々日までに、ご連絡ください。

第5条(有料登録の解除)

当方はプレミアム会員が以下のいずれかに該当すると判断した場合、事前の予告なく本サービスを解除する場合があります。また当該事由により解除となった場合、解除日を含む提供期間の利用料金が発生するものとします。

・本規約に違反した行為をされたと当方が判断した場合

・本サービスの利用料金が支払われなかった場合、もしくは支払いを拒否した場合

・該当プレミアム会員によりサービスの運営に困難をきたす事由が引き起こされた場合

・該当プレミアム会員の利用が不適切であると当方が判断した場合

第6条(返金)

本サービスの性質上、理由のいかんを問わず、プレミアム会員がお支払いいただいた料金の返金は一切行わないものとします。

第7条(譲渡等の禁止)

プレミアム会員は、本サービスにかかわるいかなる権利または義務も、第三者に譲渡・移転・貸与・売買、もしくは第三者と共有することはできないものとします。

第8条(免責事項)

プレミアム会員は本サービスの利用をご自身のリスク判断において行うものであることに同意し、本サービスによって引き起こされた直接的および間接的な損害について、当方に故意又は重過失があったときを除き、当方は責任を負いません。

本サービスは完全なる動作保証を行うものではなく、天変地異や予期せぬ通信障害、もしくはサービス運営に必要なメンテナンス作業などによって不具合が生じる可能性があります。プレミアム会員はこれらの可能性があることを認識し、これらの不具合から生じる損害に関して、当方は責任を負いません。

なんらかの理由により当方が責任を負う場合であっても、当方は、当該利用者が直接かつ現実に被った損害の範囲内で、かつ、プレミアム会員から当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限として損害賠償責任を負うものとします。

初版: 2018/7/10